概要・基本方針

JAながのは、JAちくま・JA須高・JA志賀高原・JAながの・JA北信州みゆきの5つのJAが合併し、2016年9月1日 、新しくスタートいたしました。
新生「JAながの」は、【農】(安全・安心・新鮮な大地からの恵み=農畜産物)をたくさんの食卓に届けることと、地域に暮らすみなさまの【くらし】を総合JAのサービス(事業活動)でサポートすることを目的としています。
地域の【農】と【くらし】をこれからも「ずっと支える」とともに「もっと役立つ」パートナーとして信頼され、必要とされるよう活動に取り組んでまいります。

組合長のあいさつ

JAながのホームページにアクセスいただき、誠にありがとうございます。
当JAは、将来的な展望と時代変化の激流を乗り越えていけるように5つのJAが一歩先を見据えて合併いたしました。JA自己改革を包含した、合併事業計画で掲げた最重要課題である『3+1』の取り組み「1.営農指導の強化、2.販売事業の強化、3.資材コストの抑制+安心して暮らせる地域社会づくり」の着実な実践に向けて、組合員、利用者の声をしっかりと受け止めながら進めております。
本年は、合併事業計画3年目にあたり、実需者ニーズに応じた企画販売提案や、JAオリジナル肥料「ながの果樹専用」に続き、野菜・米穀のオリジナル肥料の開発、段ボールの共通共用化による資材価格低減の実現など、さらにスピード感を持って取り組みを強化します。
今後も農業振興を基本に置き、確固たる財務基盤の確立を背景に、組合員・利用者の皆様と共にJAの持つ社会的使命達成に向け、役職員一丸となり全力を尽くす所存であります。

ながの農業協同組合
代表理事組合長 豊田 実

JAの目指す3+1の取り組み

経営理念

JAながのは【3つのC】を大切にし、【3つのC】に果敢に取り組みます。

経営姿勢

ビジョンの実現に向けて我がJAは以下の姿勢で取り組んでまいります。

チャレンジし続ける姿勢 / 創造する力 / 経営の安定 / 品質の向上を目指す
専門性を高める努力 / 信頼を勝ち取る / 公平な事業 / 実践し続ける姿勢

JAながの概要(平成30年2月末)

本所所在地:長野市大字中御所字岡田131-14

貯金 6,335億1,673万円
長期共済保有高 1兆9,861億1,779万円
購買品供給高 217億1,807万円
総販売品販売高 296億2,036万円
組織機構図
組合員数 正組合員 32,702人
准組合員 31,446人
合  計 64,148人
職員数 1,600人(正職員 982人)