概要・基本方針

JAながのは、JAちくま・JA須高・JA志賀高原・JAながの・JA北信州みゆきの5つのJAが合併し、2016年9月1日 、新しくスタートいたしました。
新生「JAながの」は、【農】(安全・安心・新鮮な大地からの恵み=農畜産物)をたくさんの食卓に届けることと、地域に暮らすみなさまの【くらし】を総合JAのサービス(事業活動)でサポートすることを目的としています。
地域の【農】と【くらし】をこれからも「ずっと支える」とともに「もっと役立つ」パートナーとして信頼され、必要とされるよう活動に取り組んでまいります。

組合長のあいさつ

JAながのホームページにアクセスいただき、誠にありがとうございます。
当JA管内は、果実、きのこ、米穀、野菜、畜産酪農、花きなど多くの品目が生産されている地域です。標高300~1000メートルを越える環境で、長期間の安定供給が可能となり、広域にわたる管内のリレー出荷と物量結集による販売強化に取り組んでいます。
また、営農指導の高度化、実需者ニーズに応じた企画販売提案、オリジナル低コスト肥料の開発などによる資材価格低減の実現など、スピード感を持って取り組みを強化しております。
今後も、組合員の営農と生活を守る取り組みはもちろんのこと、JA本来の強みである総合力、地域密着性を発揮し組合員の負託に応えられる事業運営に役職員一丸となり取り組んでまいります。

ながの農業協同組合
代表理事組合長 宮澤 清志

JAながのが目指す姿

「組合員とともに、地域とともに」
農業振興と地域の豊かさを創造するため、
私たちは常に前へ進んでまいります。
~We will go forward always~

営農事業・経済事業・金融事業・共済事業・管理部門の総合的な運営により、生命(いのち)の根幹を担う農業の振興を図り、共に助け合い組合員と地域の豊かさを創造するため、チャレンジ(自己改革)し、常に前へすすんでまいります。

JAながのが目指す3つの柱

  1. 地域農業振興と農業所得の向上
  2. 総合事業による地域の豊かさの創造
  3. 健全で持続性のある経営基盤の確立

経営理念

JAながのは【3つのC】を大切にし、【3つのC】に果敢に取り組みます。

JAながの概要(令和4年2月末現在)

本所所在地:長野市大字中御所字岡田131-14

貯金 6,773億5,328万円
長期共済保有高 1兆7,942億1,070万円
購買品供給高 187億7,579万円
総販売品販売高 273億5,113万円
組織機構図
組合員数 正組合員 30,279人
准組合員 34,234人
合  計 64,513人
職員数 1,300人(正職員 802人)