— くだもの —

内陸部で標高の高いJAながのエリアは空気も水も清く澄み、
そして何よりも昼と夜の温度差が大きいことが果物がおいしく育つための絶好の環境となっています。
長い栽培の歴史を持つリンゴを始め、ブドウ、モモ、サクランボと甘味ののったジューシーな
JAながのの果物たちを、どうぞ味わってください。

その他

ブルーベリー

ブルーベリー

ブルーベリー

長野県はブルーベリー生産量日本一。6月下旬〜8月末には、生食用の新鮮なブルーベリーが店頭に並びます。農薬をほとんど使用しないものが多く、無農薬栽培も盛んです。

サクランボ

サクランボ

サクランボ

「佐藤錦」「正光錦」「紅秀峰」などの品種があります。JAながのでは、加温ハウス、雨よけ栽培により生産しているので、5月下旬から7月上旬までの長期間楽しめます。

栗

長野市北東部の小布施町は、江戸時代から栗の産地として名を馳せており、現在では小布施産の栗は全国的なブランドになっています。栗にもさまざまな品種がありますが、「筑波」「銀寄」などが人気の高い品種です。

イチゴ

イチゴ

イチゴ

長野県では夏秋イチゴの栽培に力を入れています。品種改良と冷涼な気候があいまって、今では夏から秋にかけておいしいイチゴが収穫されるようになりました。

梅

梅干しや梅酒、漬け物、ジャムなどに使われる梅の実が出荷されるのは、例年6月上旬~下旬の短い期間だけ。品種、実の大きさ、熟し具合など、さまざまななタイプの梅の実が並びます。